2012年10月30日火曜日

向こう側には



向こう側には何があるのだろう

向こう側に辿り着いたら

どんな変化が待っているだろう

向こう側には・・・



向こう側は、確かに

君が望んでいたものがあるだろう


でも、まだ向こう側には行っていない


そこまでの一歩一歩が楽しいよね




2012年10月26日金曜日

時間も必要なんだよね




何かを早く進めたい気持ち・・・

きっと誰にでもあるものだね


でも、その時間があることが

物事を美しくもする


だから、この世界には時間というものが存在する


時間を愛することにしよう


あなたと会えない時間があること


それは祝福だから



春がきたら、また会えるよ









2012年10月22日月曜日

天使も疲れるのさ



ねぇ、僕は 少し疲れたよ

君の光になり続けること…



本当は、君が光なんだよ



光は外になんか存在しない

君の中が光なんだ

それに気付けない君を

いつまで、僕は支えなければならないのかな?



できれば、もう終わりにしたい

もう、既に、君とは対等なんだ




2012年10月19日金曜日

出発します




そろそろ時間だよ。

君の運命は、この飛行機に乗るように

定められている・・・


というか、君は生まれる前に

そう決めたはずだ。


心の奥では、それを知っている。



だから、もう何度も振り返るのをやめて

安心して飛行機に乗ればいい


安全に僕たちがそこまで送り届けてあげるし、


向こうでは楽しい世界が待っているのだから。



安心して。


到着まで寝ていたらいいよ




2012年10月7日日曜日

なぜ、翼を欲しがるのでしょう







あの鳥はどうして飛べるのだろう

あの翼は、どうして自分には無いのだろう

あの場所から見たら、自分はどのくらい

小さく見えるのだろう・・・


そんなことを考えるのも悪くないけど

今、あなたには翼はない


そして、それを憂う必要はない。


あなたには、地面につける足がある

そして、物事の形や振動を感じることのできる手がある


そして何よりも、物事の「なぜ」を追求できる

世にも不思議な 考える力 というものを

神から与えられたのです



鳥から見ると、あなたが羨ましい

ここから見ると、あなたは輝いているのですよ

2012年10月1日月曜日

気楽にいこう







その窓の向こう側

何があるんだろうね

君は、今 後ろを振り向きながら

前にすすんでいる


それでいいと思うよ

頑張ってアクセルを踏む必要もない


だって、もう君が立っているのは

船の上だもの

何もしなくても、前には進むの。




だから・・・


気楽にいこう

向こう側は、君が想像もしていなかったくらい

素晴らしい世界



楽しみにしててね