2016年3月24日木曜日

伊豆高原の大室山


パワースポットをご紹介している こちらのセクション、今回は伊豆高原の大室山です。

さて、パワースポットには様々なエネルギーの種類があると申し上げていますが、
こちらの大室山は とても深く癒される… ゆったりとしていて、知らない間に肩に背負っていた重荷や考えすぎた頭の緊張をほぐしてくれるような。そんな感じの場所でした


おとずれたのは2016年の3月中旬です。
まだソメイヨシノは開花していませんでしたが、大寒桜は見ごろを向かえていました。


・・・


こちらは、当日の宿から見えた 伊豆の初島です。
霧がかかっていて、とても神秘的ですね☆




伊豆高原駅のちかくでは、大寒桜が見ごろでした。
けなげに花を咲かせる木々たちの姿が とてもかわいらしいです。






さて、大室山へ。

大室山の祭神は磐長姫の命(イワナガヒメノミコト)で、
富士山の 木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)とは姉妹なんだそうです。

私自身は、コノハナサクヤヒメは 存じていましたが、
お姉さまは初めて知りました。

ですので、大室山から見える富士を「綺麗だね」というと
やきもちを焼かれる・・・ との説明が。





しかし、こちらのリフトから見えた富士は、どう考えても美しいです。
なので、試しに  イワナガヒメに聞いてみると
「そんなこと気にしません。私たちには違った美しさがあるの」
と言われました (よかった・・・)

ちなみに、リフトは 
かなり急な斜面を上がっていくので、
帰りがちょっと怖かったな。







さて、大室山はすり鉢のように、こんな形になっております。
写真の山肌にある小さな点がみえますでしょうか?
これは、遊歩道を歩く 人々です。

とっても大きなすり鉢。
私がここに立っていると、肩についていた様々なエネルギーが
はらはらと落ちていくような気がして、
どんどん軽くなっていくようでした。

とても優しく、穏やかなエネルギーです。

「ガイア」に触れていると、こういう感覚になるのではないかな、
女性的なエネルギーの源泉のような、しみ込んでくるような 安心感があります。




さて、そんなパワースポットもいいですが、せっかく伊豆にきたのだから
お花見も☆!!? ということで 金目鯛の塩焼き弁当を購入。

まだ桜はあまり咲いていなかったけど、 さくらの里でのピクニックは最高でした☆




次回は、ヨーロッパのパワースポットをご紹介予定です





【過去のパワーストップ記事】

熱海の来宮神社



******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

2016年3月22日火曜日

高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)



サイキックとして生きる… というのをテーマに書いている こちらのセクション。
今回は、かなりマニアックな内容をご紹介しようと思います。

もしかすると誤解を招いたり、一部の方を傷つけたり、トリガーを生んだりする可能性もあるかもしれません。でも、そろそろ このような内容を公開することには意味があるかな、と感じます。

あくまでも私自身のチャネリングやこれまでのヒーリングの中で得られた見解です。もしピンとこられた場合には ご自身でこれを生きてみて、楽になるかどうかを試していただきたく思います。



・・・

高次元の場所にいたことが普通だった魂にとって、この世というものは苦しい場所です。


宇宙には 11次元や12次元の場所もあると言われています。それが当たり前であった存在にとっては、全てが畳まれている3次元という場所は、存在しているだけでも苦しい。
本当はもっともっと大きなエネルギー体であるはずなのに、驚くほど小さな肉体に自分を閉じ込めておく必要があります。(次元によっては、大きさという概念さえない場所もあります)

多くの場合、小さいころから彼らは社会が持つルールの意味がわかりません。
しかし、それを誰かに聞いても教えてはくれない。そこで、自分が変なのではないか?という風に思ってしまいます。また、社会に愛が存在しないことに驚き、ただただ苦しんだりします。


さらに、やっかいなことが…。
高次元の魂にとって、馴染みのない「エゴ」というものに対処する試練が存在します。


肉体というものは、神秘に満ちています。肉体のメカニズムや流れるエネルギーを探求することは、高次元にはない感覚です。時に痛みというものを経験しながら、肉体を楽しむことは あるい程度は可能です。

しかし、エゴというものは非常にやっかいです。
最初は、エゴと自分の魂が異なるものであるということに気づきません。そして、エゴに多くの人々が振り回されます。マインドの中で 自分が考えていることが矛盾していたり・・・。マインドの中に深く入り込んで 頭がおかしくなるような感覚になる方も多いと思います。
そのため、自分が統合失調症ではないか?と考えたり、実際に統合失調症を患ってしまう方もいるのではないかと思います。

これは苦しいプロセスですが、高次の魂にとって 非常に大切なことだと私は考えます。
なぜなら、このエゴというものと折り合いをつけ、自分と統合して生きることができないと、人類という集合意識に関わる「仕事」ができないからです。エゴを憎むことは簡単です。でも、人間はエゴとともに生きる以外に道はありません。


時には、エゴに疲れすぎて関わりたくなくなります。
自分をスピリチュアルな世界だけに置いておき、スピリットや自然とのみ関わっていたいという感覚になることでしょう。そういう時期もあっていいと思います。でも、「仕事」をしにこの世にやってきた魂は、どんなことがあっても 社会に自分を引き戻してくる・・・。そんな風に人生を設計して生まれてきているのだと思います。


また、高次の魂がパートナーや家族が持つエゴによって苦しむこともあります。
しかし、それもまた必然なのです。高次の魂が持つ波動と、人間である相手の波動は異なります。変な出来事がたくさん起こるでしょう。突然、相手がまったく理解不能な行動に出ることもあります。でも、それは仕方がありません。高すぎる波動は、この3次元では 制御して使わなければならない。あなたのパートナーや家族が不思議な行動に出る理由は、あなたが自分が高次の魂であると気づき、そして彼らにやさしく穏やかに・・・波動を制御して接しないから起こるのです。エネルギーが強すぎると、不思議な出来事や行動、驚くほどの大きな感情が出てきてしまいます。


高次の魂は、光に満ちてくる時期と、「3次元らしい」出来事や気持ちになる時期とを繰り替えして大きくなっていきます。そうすることによって、もともとご自身の魂が存在する高次元の場所と、この3次元とに同時に存在できるようになり、少しずつこの世に慣れてきて苦しみも無くなっていきます。この、いったりきたりするプロセスは必要不可欠であると私は感じます。


最近は、こういった話ができる方々との接点が増えてきたように私自身は思います。
自分が高次であることを証明したいエゴをうまくコントロールすることができ、ただ 純粋に魂の仕事に愛を注ぐことのできる人々は確実に増えている気がしますね。



******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html



【サイキックとして生きる】 の過去記事です

占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない

2016年3月17日木曜日

熱海の来宮神社



日常生活から少し離れて
歴史のある場所に出かけたり、自然に触れたりすると 心がリセットできる。
誰でも、このような時間は必要なものだと思います。

悩みとなっている課題を別の視点からみることができたり、少しスッキリしたり・・・ また 理解が深まったりするもの。

こんな旅をしているときには、自然と自分が必要としている場所に導かれるような気がしますね。
だから、私は あまり旅の計画は事前にぎちぎちに決めず、その場の感覚を大切にしてみようと心がけています。珍道中に巻き込まれることもあるけど (笑)


****

今回は 少しだけ空いた時間を利用して 伊豆に出かけました。
訪れたのは 熱海の来宮(きのみや)神社。パワースポットとして有名な神社ではありますが、やっぱりいただけるパワーと落ち着きのあるエネルギーには 癒されます。






「きのみや」を「忌の宮」と解し、禁酒をはじめ何かを絶つ祈願をする方も多いのだそうです。
私自身は、禁酒するつもりはありませんが・・・ (笑)・・・ 今年 2016年3月の新月ごろに終焉を向かえたことがあったので、不必要なエネルギーを持ち越さないようにするには、この場所は良かったのかも知れません




さて、パワースポットですが・・・
有名な場所にいけばパワーがもらえるというわけではなくて、ご自分にあったエネルギーの場所を選ぶのが良いと私は思います。 神社やお寺でも エネルギーが強かったり優しかったり。あらゆるエネルギーが入り混じっていたり ピュアだったりなど、それぞれ個性があります。神様に性格があるのと同じように、そのエネルギーも異なる。

でも、本当にご自身と合う場所の場合は、そこから動きたくないと感じたり、なんだか懐かしい感覚になったり。とてもご縁の深い場所や癒しのパワーが強いと涙が出てきたりします。

こちらの来宮神社は、本堂よりも 裏にある 樹齢2000年以上といわれる 阿豆佐和気神社の大クス(あずさわけじんじゃのおおくす)が素敵でした。
ちなみに、どちらかというと、本堂の周囲にあるエネルギーは、個人的には苦手でした。なんとなく切るようなエネルギーで、頭が痛くなるというか…。そういうお堂ってけっこうありますね。








こちらの木の周りを一周すると、願い事が叶うそうです。
とても強く優しいエネルギーでした。サイキックの力があるかたは、ぜひ こちらの大クスさんと話をしてみてください。昔から生きている落ち着きとともに、モダンさも感じさせる話をしてくれる気がします








最後に、入口にいらっしゃるお稲荷さんにご挨拶をして・・・。

(次回は、大室山について書きます)






******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

2016年3月7日月曜日

結婚できない



恋愛・結婚のテーマを新たに立ち上げました☆
少しずつ、こちらのテーマで私が得てきた観点や解釈をお伝えしていければと思っています。

・・・

恋愛や結婚については、男性でも女性でも、それなりに関心のあるテーマですよね。そして、社会の”常識”と相まって悩みを深める要素にもなっているような気がします。
「結婚したいのにできない」、「今の結婚が良いのかどうなのかわからない」「他の人をさがしたほうがいいのだろうか?」などという悩みが私のところにも多く寄せられます。
きっと、永遠のテーマなのでしょう。

スピリチュアルな世界に足を踏み入れると、ロマンチックな話も多いです。
ソウルメイト、ツインソウル… 真実といえそうな内容もあるけれど、悩みが深い人たちが こういった情報を受け取ると、なんだか物事がどんどん複雑になっていく感じもありますね。
ドラマを楽しんでいられるうちは良いのだけど・・・ 苦しくなってしまうのであれば 考え方を変えるほうが賢明です。


さて、今回は「結婚できない」というテーマについて 書いてみたいと思います。


この議論をするときには、一つの大きな前提があります。
それは、現代の社会には、まだまだ 結婚していない人よりも、している人のほうを評価する傾向があるというものです。なんとなく、結婚して当たり前というか、そんな風潮です。

現代の考え方はどんどん変化し多様化しています。
女性も働けるようになってきたし、同性愛をふくめ、様々な愛の形を認めようという動きが出てきています。かつては当たり前だった「男性が外で働き、女性が家庭を守る」という画一的な役割のあり方にも大きな変化が出てきてます。

これは、とっても良いことだと思うのですが、世の中にたくさんの選択が出てきているのに、なぜか私たちのメンタリティは昔のままなのです。昔は結婚して家族を持つことが 常識だったから、それをやっていない自分はダメなんじゃないか…。それを得られない自分は不完全なのではないかと感じてしまう。


これは、結婚というものを取り巻くエネルギーがもたらす とても大きな固定観念です。
そして、かなり根強く私たちにダウンロードされてしまっているので、この固定観念から自由になることは難しい。


「私、結婚することに興味ないの」
「俺は、結婚に興味はないよ」


いえるものなら、言ってみたいけど・・・。
結婚しないことで起こる出来事を考えると、自分は人生で大きなものを失ってしまうのではないか。本当は手に入るはずの何かを得られないのではないかという不安が頭にのしかかり、妙な焦りが育ってしまう。
そんな感じなのではないかな。


だから、結婚できるために活動をしようと思う。
それはそれで良いと思います。
しかし、「結婚できない恐怖」から逃れるために手にいれた結婚は、”それなり”の結婚にしかならない。次にやってくる悩みは、「本当にこの人で良かったのだろうか」「子供ができないなら別の人を探したほうがいいんじゃないだろうか」・・・ 相手に期待していたことが得られないために たまってくるストレスと、そして また将来に対する不安に悩まされる。


こんな状況におかれる皆さんに対して、天から降りてくる言葉はいつも同じものです。


「あなたは、本当に結婚がしたいのですか?それはなぜですか?」


というものです。
じっくり自分の心の中をのぞいてみてください。皆さんは、結婚できない恐怖から逃れたくて結婚したいと考えていますか?そう思っていても全く構いません。私も、そういう時期はありましたし、今でも 頭の片隅をこの恐れがよぎることもあります (笑)


でも、昔のように 親が結婚相手をきめたり 愛を育む相手を選ぶことができないという苦しみから、私たちは抜け出す自由を与えられつつあります。そして、離婚をする選択肢もとることができるようになりました。恋愛や結婚をとりまくルールは少しずつ変化し、自由度が増しているのだと思います。


そんな時代を生きようとするとき、私たちの中で一番大切なことは、「どんな風に生きたいのか」
です。結婚できないという恐怖から逃れるための婚活は楽しくないですよね。せっかく自由な世の中なのだから、ご自身の魂が求める人生にそった生き方をし、めいいっぱい輝いて、その輝きを心から共有できる相手を探すために婚活をしたい・・・。


回り道になるかもしれないけど、本当にスピリチュアルな意味で幸せな結婚をするためには、やっぱりご自身の夢を思い出すことが大切なんじゃないかな、と思います。








******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

2016年3月2日水曜日

2016年 3月の占星術

3月のハイライト
3月は魚座で日食、そして天秤座で月食が起こる とても神秘的な天体配置となります。
日食や月食は基本的にパワーを増しますが、皆さんと関係の強い星座や天使たちとアラインしているときにその影響はますます強くなります。そして、私たちが内に秘めた情熱やゴール、ビジョンをしっかり見るように… と促すことが多いです。
3月20日には春分の日が訪れます。これは月食が起こる直前で、3月の中旬をとてもダイナミックなエネルギーで満たします。射手座の土星が3月25日に逆行をはじめ、このあと数か月間は 目標や計画を練り直すチャンスが訪れることを意味しています。

・・・


3月9日に新月が訪れ、同時に魚座で日食があります。
食は大きな始まりや終わりを意味し、また歩みの方向性をシフトさせることが多いといわれています。この日食はケレス、キロン、魚座のサウスノードとアラインしています。魚座のテーマは、瞑想や直感的なひらめき・夢やビジョンの中から得られる、スピリチュアルな洞察です。
また、新月はおとめ座の木星と向き合い、射手座の土星とスクエア配置です。これは、自分の境界線を尊重し、自分にとってのYESとNOをしっかり持って精神を健康に保つことを奨励しています。サビアン占星術によると、今回の配置は「マスターが弟子たちに指示を与える」という意味があるようです。高次から得られる学びを大切にすることが求められているのでしょう。

3月11日には水星が魚座の海王星とアラインします。
この日は水のある場所でゆったりするような、スピリチュアルな旅や休息がおススメです。湖や滝に出かける… または ゆっくりお風呂につかるだけでも良いでしょう。瞑想やビジュアライゼーションをしたり、芸術に触れたり。日記をつけるなども効果的です。

3月15日~16日に水星が土星とスクエア配置となり、木星と向き合います。何らかの障害が立ちはだかるかもしれません。しかし、こんな時には 広い視野と大きな目標をもつと スムーズに乗り越えることができます。木星が冥王星、キロン、そしてサウスノードとトラインを組んでいますので、これまでにきちんと準備をしてきた皆さんには調和のエネルギーと富がもたらされるでしょう。
18日、今度は水星とキロン、サウスノードが古傷を癒すような出来事を引き起こすかもしれません。

3月20日は春分の日で、占星術的には新しい年の始まりになります。新しい取組を始めたり、その手の儀式を行うにはうってつけです。すぐあとに満月と月食が控えていますから、よりパワーは強くなります。また、翌日には金星が海王星とアラインし、ロマンスや創造性のエネルギーをもたらすでしょう。


3月23日に満月とともに天秤座で月食が起こります。
この月は牡羊座の水星と向かい合い、射手座の火星とセクスタイル(60°)の配置となります。天秤座のテーマは、自分の願望 VS 親しい相手との関係 のバランス…です。コミュニケーションに気を配ると良いでしょう。

この月食は、人との関係性における転換点をもたらす可能性が高くなります。
この転換は、何か大切なことに気づいたり、あるいは大きな出来事が発生したりすることによって引き起こされます。昨年の9月、今回の月食と対となる月食が牡羊座でありましたが、その当時と今回の転換点はリンクが深いものになっているはずです。サビアン占星術によると、満月時の配置には 『2人の恋人たちが人里離れた場所で散歩をする ― 対となるエネルギーが互いを引き寄せ、欠けていた人生の機能を補い合う』とあり、また『スピリチュアルな対話をするために若者がキャンプファイヤーの周りに集まる ― 新しい価値を求める領域に踏み込む者たちが互いを助け合う』とあります。親密な人々との関係の中から得られる学びを大切にしなさい、と奨励しているようです。

おとめ座の木星が3月23日に土星とスクエア配置となります。
これは、私たちに 今見えている課題について長期的な視野をもち、これらが起こっていることの意味を考えることを奨励しています。同じスクエア配置が昨年の8月にありました。その時期にあったことと何らかの関係があるかもしれません。なお、26日にも同じスクエア配置が起こります。

3月25日には射手座の土星が逆行をはじめ、8月13日までこれが続きます。
同じ日に金星が木星と向かい合い、快適な環境を望む感覚を呼び覚ましますが、同時に土星のスクエアが財政的な困難を生むかもしれません。もう一度ゴールを見直し、無理のないように計画を練り直すチャンスかもしれません。

3月31日には水星が天王星とアラインするときには、創造的なアイディアが出てくる可能性があります。あらゆる選択肢にオープンになれるでしょう。









この内容は Dorene Carrel による Astrology Report for March を和訳したものです


*************

◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv


◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

2016年3月1日火曜日

占いで悪いことを言われたら…?


いつだったか…。
まだ スピリチュアルな世界に足を踏み入れる前に インドに出張をした時のことでした。インドでは、占星術がとても盛んで 誰もが お医者さんにいくような感覚で占い師のところにアドバイスを求めに行きます。

なかなかおもしろそうだ ということでインドの友人が信頼のおける占い師を手配してくれ、出かけました。入ると、まさに 町医者の待合室のような雰囲気のお部屋が… そして名前を呼ばれたら 奥にあるお部屋に入ります。

インド占星術では 一番最初に自分の死期を教えてくれるようです。
そこで、私は74歳から76歳の間に死ぬといわれました。

そして、占星術でいろいろとお話しをいただいて、最後にサイキックリーディング?のようなものをされました。そこで、はっきりとこう言われました。


「今、あなたが付き合っている人とはうまくいきません」


・・・・・


その後のやりとりはほとんど覚えていません。
そして、占い師さんからもらった その言葉がずいぶんと 心に重くのしかかったのを覚えています。実際、その半年後には その方とはお別れしました。


しかし、そのときの 占い師さんは 私の未来を当てたのでしょうか?


皆さんも似たような経験があるかもしれません。
ショッキングなことを言われたり、どうもピンと来なかったり。でも、その内容が 頭の中でぐるぐるしてしまい、いつもなんとなく考えて疲れてしまう。そんな経験です。


これはこれで良いプロセスだとは思うのですが、スピリチュアルな世界に関わるとき、誰もが覚えておくべき 大きな原則があります。それは、

「私たちの人生で最も 大きなパワーを持つのは自分の意志である (自由意志)」


というものです。
人生の岐路に立たされたり、何かつらい出来事があったときには つい忘れがちですが、どのような状況においても…。たとえどんなに権威のあるヒーラーやサイキックであっても、他人の人生に影響を及ぼすことはできません。

ですから、占いで悪いことを言われたからといって、それを鵜呑みにして落ち込む必要はない。
こういった世界の情報やエネルギーは常に変わるものですし、占い師やサイキックも そのときに読み取れる情報を提供しているにすぎないのです。


しかし、
もし自分にとって耳の痛い情報がやってきたとしたら・・・。
ここに 何か意味のあるメッセージが含まれていることは確かでしょう。
ですから、鵜呑みにする必要はないけれども… 心が乱れてしまうのであれば、その理由を考えてみたらいい。


私が自分自身のことを振り返ってみると、
そのときの交際相手との関係は、必ずしも 自分が望んでいる状況ではなかった気がします。愛を育む…というよりは、お互いの「生きたい生き方」を守るために戦っているような感覚だった。

私は、彼の思い描く女性像の枠に押し込められている気がしていて、とても窮屈でした。だから、どこかで 大きな反発心を持っていた。ひそかに彼のやり方に沿わない行動をすることが、様々な制約を課してくる相手に対する復讐になっていました。

(自分では気づいていなかったけれど) どこかで私は彼から自由になりたかったのだと思います。
その感覚を インドの占い師さんは 直感的に… それも瞬時に感じ取ったのでしょう。そして、「上手くいきません」という言葉になった。


人間とは不思議なもので、
「自由になりたいという気持ち」と、「せっかく手に入れた関係を手放したくないという気持ち」… のように、矛盾した考えが心の中に存在するものです。そんな自分の心の中を丁寧に解きほぐしてみると、新たな視点が得られ  苦しみから解放されることが多いように思います。


占いで何か悪いことを言われたら、
言われた内容をそのまま受け取る必要はありません。でも、そのテーマの周辺で自分が本当はどう感じているのか?をじっくり丁寧に考えて。そして感じてみることは大切だと思います。
もしかすると、天が 占い師を通じて 注意喚起をしているのかもしれないのですから・・・。





******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html



【サイキックとして生きる】 の過去記事です

占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない