2016年5月27日金曜日

スピリチュアルな世界は私たちを救うか?


この記事を読まれている皆さんは、
少なからず、スピリチュアルな世界に興味を持たれている方々だと思います。

この世界に足を踏み入れるきっかけは、様々だったことでしょう。
苦しみから解放されたい、という意図をもった方もいらっしゃるでしょうし、
好奇心に歯止めがかからないという感覚で扉を開いた方…
あるいは、気づいたときにはこの世界に居た、という展開もあることと思います。

私自身は、自分の意図とは異なる出来事がきっかけで扉をあけ、
(もともと、この手のものは嫌いだったので・・・今となっては信じられませんけれど)

次々と明らかになるたくさんの情報が面白くて
どんどん のめり込んでいきました。

今の私はスピリチュアルな世界だけで生きることはやめていて、
闘うビジネスマンの世界にも身を置いていますし、いわゆる 俗世間?と言われるような場にも 顔を出します。
スピのみの世界に生きていたときには、都会のあらゆるエネルギーが渦巻く世界に5分といられませんでした。
その経験をしたことは、今ではとても良かったと思います。


そして、しみじみと思うのです…。
如何に、スピリチュアル「だけ」の世界が 不思議な場所であったのかを。

先日、ある方がこんなことをおっしゃっていました。
「今のスピリチュアルは あらゆるエネルギーが混ざりすぎて 良くない状態になっています。それが落ち着いて、良い状態になるまでには あと7年くらいかかるらしい」

私も、なんとなくこれには賛成。
でも、7年経って 本当に良い形になるのかどうなのか・・・ については、ちょっと難しいかなとも思いますし、ならなくても良いと思います。なぜなら、あらゆるエネルギーが混じり合う場所が、とても地球っぽいから。


皮肉なもので、スピリチュアルな世界の中にも人間のエゴは存在しています。
だから、その世界に足を踏み入れたからといって、すべてがピュアなわけではありません。
一時的に大きな解放があって、素晴らしいエネルギーにつながれるときは、確かにある。その感覚は、本当に美しいものです。

私も、自分がヒーリングを行っているときや
自分自身でつながっているときに その手の感覚が降りてくることがありました。
でも、「今から、そんな風な気分になりたいわ」と思ってスイッチを押し、そうなれるわけではありません。
そんなことができるマスターもいるかもしれないけれど…。
ダライラマでさえも、1日4時間の瞑想を行って、やっとあの波動を維持しているのですから、並みの努力では無理な話だと思います。

そんなエゴや私たちを惑わせるようなあらゆる情報が入り混じったスピの世界ですから、スピリチュアルな世界に足を踏み入れることで苦悩がなくなるわけではありません。
一時的にあなたを救うものもあるでしょう。でも、同時に 傷つき、物事を複雑にする情報もあります。


どんなに徳の高いお坊さんでも、どんなに奇跡を起こすと言われたサイキックでも、エゴがあります。時には間違うこともあるし、人を傷つけもします。


私は、幸か不幸か、この手のマスターと呼ばれる方々が
たくさんの人々の前で話した後で 威張ったり、性的な欲求を抑えることができなかったり、誰かを罵ったり… びっくりするような人間的な?行動に出る場面に遭遇する機会に恵まれました。

最初は、いったいどういうことだろう?と思いました。そんなことをする人がマスターである資格などないのではないか?とも思いましたが、 のちに問題は私のほうにあったのだと気づきました。私は、彼らに完璧であることを期待していた。そんな人がこの世に居るわけがないのに。
こんな風に人から「凄い!」と言われる人でさえも 間違ったり、変なことを言ったりすることはある。それをわかっていないでスピリチュアルな世界に入ると、私たちはとても無防備になります。自分ではピンと来ないと思っても一時的にすべてを信じる方向へとマインドが働いてしまうからです。
もしかすると そのような迷走も、人生の醍醐味かもしれませんが…。


ですから、大切なことはやっぱり自分の意志になると思う。
最後は、ここに戻る。
スピリチュアルな世界のあらゆる勉強をすることで、癒されることも多くあることでしょう。でも、もしこの世界で苦しい、何かがおかしい… と思うことがあったなら。少し 遠くから 自分の状況を確認してみてほしい。

そうすることで、何かにハマりすぎて 窮屈になっている自分に気づくかも知れません。そんなゆとりを持ちながら、学びを深めていきたいものですね。


******

◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報
http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html


【サイキックとして生きる】 の過去記事です

高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅢ)
占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない





2016年5月17日火曜日

高次の魂を持つ皆さんへ (Part III)



前回の内容に引き続き、
高次の魂を持つ方々を対象に書いてみたいと思います。
今回のテーマは、「自分がつながるソース(源)」について です。


皆さんは、ご自身がセッションをなさる方も、そうではない方も…。
きっと、自分の魂のよりどころとなる場所にアクセスし、必要な情報をもらうことがあるかと思います。
ここ(地球)ではない場所から来ている魂は、そのようにして 自分の人生の役割や使命を全うできるようになっているのだと思います。一つのギフトですね。


・・・

私の中で最も印象的だったのは、
アメリカでヒーリングの修行をしているときに出会った男性でした。

彼は、集まってきていた人々の中では最も若い青年でしたが、その魂の深さと持っているであろう智慧は膨大に思えました。人々の輪の中にいても、いつもどこか 別の場所から すべてを傍観しているようにも見えた。とても不思議な人でした。

驚くほどに ビールをよく飲み、暇さえあればタバコを吹かし続けて 本当にスピリチュアルなの?と思う 人物でしたが、2人で話しているときに(彼の中で)大切な話題になると、いつもどこか別の場所につながって その内容について自分が話して良いのかどうかを確認していました。
その波動は、私がこれまでに触れたことのない特殊なもののようでした。全てが透明に思えるような感覚で…。


私にも、自分自身がつながるソース(源)があります。
その場所につながり、必要な情報をもらうことが多いです。


・・・しかし、そこから得られた情報が 真実であるという保証はどこにあるのでしょう?


おそらく、真実であれば必ず自分の中の直観が「それ」とわかるはずです。
しかし、私たちは 今 地球におり、肉体とマインドをもって存在しています。ですから、エゴという不思議で神秘的なプログラムが、ソースにつながっている最中にも作動しています。

私の経験でいえば、自分のエゴのパワーが強くなっているときには、基本的に不必要な情報や曲がった解釈で受信していることのほうが多いです。
これは、様々な実験をしてわかってきたことなのですが、特に ギャンブルのときには その傾向が顕著になります。どんなに拭い去ろうとしても「儲けたい」という願望は根強いものです。そのフィルタを通した時に得られる情報は、曲がっていて当然でしょう。


ソースをもちながら生きる者は、
自分が得た情報が真実に近いものかどうかを検証する義務があると私は思います。
他人のセッションなどであれば (自分の問題とそう関連のない限りは・・・) おそらく何の問題もなく 美しい真実を届けることは可能でしょう。しかし、常に自分のつながり方が純粋である人などいるはずがありません。


ソースを持つものにとって、大切なことは 自分の精神状態を常にきちんと把握することです。
それは我々のような役割を持つ者にとっては最低限の責務であると思います。精神的に揺らいでいるときに得られる情報は、曲がって解釈してしまうことも多いですし、「自分を癒すためのもの」であることも多く、他人のためになるものではない可能性も高くなります。そんな場合は、やみくもに話をすることは控えたほうが良いでしょう。


それから、私がおススメするのは、自分がアクセスするソース(源)以外の 通信源を持つことです。
私が、自分がつながっている場所から得られた感覚に自信が持てない時には タロットやオラクルカードを利用することがあります。自分が得た情報とカードのメッセージを検証し、矛盾がありそうなら、少し自分の意識をエゴから遠ざけるために瞑想をするなど ゆっくり過ごすことにしています。



そう、そして最後に一つ。
もし、降りてきたメッセージについて 100%確信があり 「これをわからない相手は間違っている」という風に強く思う場合には、皆さんのエゴがかなりのパワーを発揮していると考えて良いでしょう。
そんなエネルギーで サイキック能力を発揮してしまうときほど、後からダメージを受けることはありません。それもまた、この世の醍醐味の一つなのでしょうけれども…。







******
◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報
 http://eepurl.com/S6zcv

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html



【サイキックとして生きる】 の過去記事です

高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない

2016年5月2日月曜日

2016年 5月の占星術

5月のハイライト
5月は、私たちの活動にはずみをつけ、飛躍に向かう星回りとなります。
4月の終わりからそうでしたが、5月は逆行中の惑星が5つ- 水星、火星、木星、土星、冥王星- あります。9日には水星が太陽と珍しい配置を見せ、私たちのハイヤーセルフとつながりやすい状況を作り出すでしょう。また、5月の中旬には水星と木星が順行をはじめます。これによって、視野が広がったり、成長やコミュニケーション、新しいアイディアやビジョンの創造を促進するエネルギーが高まるでしょう。より明確な感覚と手ごたえをもって、前進することが可能となります。


・・・

5月3日には牡牛座にいる太陽がおとめ座の木星と調和的なトラインを組みます。このエネルギーは、私たちのビジョンを具体的な活動へと落とし込むヒントを与えてくれるでしょう。流れは太陽と冥王星のトラインが起こる7日によってさらに高まり、深く… そしてパワーをもって周囲の人たちとコラボレーションできるようになります。

5月6日(日本時間では 7日の 午前4:30)に牡牛座で新月が起こります。
この月は水星、金星 そして小惑星ヴェスタとアラインしており、同時に木星、冥王星とともにグランドアーストラインを組みます。私たちが価値を置いているものについて、もっと真実に近い感覚を得ることができるでしょう。特に、時間の使い方やリソースの活用について示唆が得られそうです。グランドトラインは、これまで努力をしてきた人たちとっては嬉しい配置。前進のエネルギーと、具体的な成果や手ごたえを得られるでしょう。

冥王星、木星とヴェスタは私たちにビジョンを持つことを助けます。同時に、中長期的な利益をえるために努力し、あきらめないことを奨励しています。サビアン占星術によると、今回の配置は 「"剣"と"たいまつ"の象徴的な闘い; 過去に依存することなく未来に向かう勇者たち。新しい "大いなる戦い"に目覚める」とあります。これは、魂とエゴの闘いを象徴しているのでしょう。


5月9日、拡張を支援する木星が順行を始めます。
これまで逆行していた4ヵ月間は 私たちの価値観、信念やビジョン、成長の分野などを見直す時期でしたが、この新しい価値観でどのように生きるのかを選択することができます。
また、同日に牡牛座で起こる水星、土星のトランジットが 高次元の叡智につながる機会を与えてくれます。10日は、金星と木星のトラインが前向きで豊かなエネルギーを注ぎます。宝くじ!?を買ったり、社交的な場に出かけるには最適です。

5月12~13日、水星が金星と牡牛座でアライン、同時にやぎ座のトラインを組みます。
この配置は、新月のテーマであった 「時間とリソースをどのように活用できるのか?」という問いを より強化させるでしょう。あなたの毎日のスケジュールは、新しい価値観をサポートしますか?… そんなことを考える良い機会です。


5月21日(日本時間では 22日の 午前6:14)に射手座で満月となります。
この月は火星、ヴェスタそして金星とアラインしており、新しくやってくる情報を偏見なく 見つめることを奨励しています。テーマは、安心と自由のバランス。5月22日、火星が最も地球に近づき、太陽と向き合うときには吹き出すほどのパワーを与えてくれることでしょう。世界中でデモ活動が増える可能性もあります。サビアン占星術によると、この配置は 「神聖な祝福があらんことへの確信」、および「個人を超越したレベルにある無意識のエネルギーが動き出す」とあります。何かを乗り越えることによってスピリチュアルな成長をすること… そんなことを奨励しているのでしょう。

5月22日、牡牛座にいる水星が順行に戻ります。
この水星は土星と5点形の配置にあり、凝り固まったアイディアに柔軟性を入れ込むことを奨励しています。水星は、まだ 木星、冥王星とトラインを組んでいますから、考え方を広げ、新しい機会を取り込んでいくには良い直です。

5月26日にはおとめ座の木星と射手座の土星が最後のスクエアをつくります。
このアスペクトは昨年の8月、そして今年の3月23日にありました。この時期、私たちの拡大思考に火が付きます。しっかりとしたゴール設定、物事を注意深く観察して識別する意識が大切です。また、昨年の8月に始まった出来事に対して、何かが明らかになる可能性があるでしょう。新たに得られたインスピレーションは、物事を見直し、整理しなおす機会を提供します。その波に乗れると新しい人物やリソースを引き寄せることができるでしょう。

5月27日から8月3日まで、火星が蠍座に戻ります。
この時期には、私たちの前進を阻んでいた古い感情的な記憶を癒し浄化することが可能です。また、火星が進み始める6月30日には新しい勢いとエネルギーが放出されます。
30日には水星が冥王星と新しいトラインを組みます。3月12日あたりに着手した新しいプロジェクトが効果を発揮し始め、手ごたえを得ることが可能です。私たちの思考はより深くなり、新しいリソースを引き寄せることができるでしょう。

(終)






この内容は Dorene Carrel による Astrology Report for May を和訳したものです(日付はUSの時間です)


*************

◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv


◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html