2016年7月2日土曜日

2016年 7月の占星術



★この内容は Dorene Carrel の Astrology Report for July を和訳したものです(日付はUSの時間です)★


7月のハイライト

6月末に火星が順行となりましたが、その影響で7月の始まり方はエネルギッシュです。
大切なゴールに向けて 歩みを始めることが可能となるでしょう。火星は8月2日まで蠍座に位置していますので、その間は 感情のバランスを保ち、直感を研ぎ澄ます時間をくれています。土星と海王星のスクエアも7月中は影響していますから、ゴールやビジョンを明確にするエネルギーは継続中。物事のスピードがアップするので忙しさは増すでしょう。
月の後半では天王星が逆行を始めるので 7月末から8月上旬にかけては 大きな変化が訪れる可能性が…。


7月4日(日本時間では同日の 20:03)に蟹座で新月が訪れます。
水星、金星とアラインする新月は、同時にやぎ座の冥王星と向き合っています。蟹座は家族や家庭的な活動に向けたエネルギーをもたらし、安全性や食べ物も関係します。権力や支配もテーマになります。
今回は、水のサインに6つの惑星が位置していますから、前進気勢を少し緩め 自分の気持ちを大切にして日記を書くなどすると良いでしょう。ルナ―ノード、海王星、木星の配置によって 人間関係、スピリチュアルな道に関するテーマでは 進展が見られる可能性あり。サビアン占星術によると、今回の配置は 「手からくっきり出た親指が注目を集める。意志の力が輪郭を示す」とあります。魂の意志とつながり、地に足を付けて決意を持つ、そんな感覚が奨励されているのでしょう。


7月6日には蟹座の金星が、蠍座の火星・魚座のキロンとグランドトラインを組みます。金星と火星のトラインは新しいロマンチックな出来事や出会い、または創造的な新しいアイディアをもたらします。
火星とキロンは、その他にも10日に水星と絡み、16日に太陽とアスペクトを組みます。
キロンは、過去の人間関係における傷を癒し、新しいリソースを提供し、コミュニケーションと成長を促すエネルギーがあります。キロンの影響によって、どのくらい融和な方向へと世界のリーダーたちが決断するか… 政界情勢から目が離せません。一方で、キロンの悪い側面は、自分の個性を見せびらかす傾向があること。また、天王星の配置が影の部分を浮上させるので、一般的ではない極端な意見や考え方を受容する余裕が求められるでしょう。


7月19日(日本時間では 20日 7:59AM)にやぎ座で満月が訪れます。
この日、太陽と月が 牡羊座の天王星とスクエア配置となり、同時に火星、キロンとアスペクトを組みます。やぎ座は私たちの感情的な側面に合理性をもたらし、安全性の課題に光を当てます。よりリラックスして人生を歩むために、私たちは何を整理し再構築する必要があるでしょうか…? 天王星が不要な制約からの解放を促す一方で、火星とキロンが勇気と癒しを提供してくれるでしょう。
サビアン占星術によると、今回の配置は「人類の肉体、自然の摂理に眠る原始的な価値観が顕在化する」、「魂が親しんでいるスピリチュアルな感覚が形となりはじめる」とあります。自然と親しんだり、心に潤いをもたらす活動をすることで 物質とスピリットの融合をすることが求められているのでしょう。

天王星が29日から射手座で逆行を始めます。
天星は7月のほとんどを順行していましたが、この前の週当たりから変化や不安定感、大きな変革がやってくるかもしれません。地球規模で影響がある可能性も… 備えておくことが大切です。
私たちの心のレベルでは制約から解放されたい願望、独立・手放しの感覚に拍車がかかります。
31日には獅子座の金星が天王星とトラインを組み、新しい扉をたくさん開く接点をもたらしてくれるでしょう。

8月は土星の順行、水星の逆行があり、月食が待っています!


(終)


・・・



*************

◆無料メルマガ配信中(満月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv


◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html