2016年9月3日土曜日

高次の魂を持つ皆さんへ(Part IV)


少し間が空きましたが、この内容に戻って少し書いてみようと思います。
今回のテーマは「エゴ」です。

スピリチュアルな世界に関わっていると
「エゴ」という存在は厄介者のような扱いをされます。


どこか素敵な場所につながって メッセージを降ろしてきたいのだけど
自分のエゴが邪魔をして 巧みに 光の存在のフリをして
色んなことを言ってくる

いつだったか、私がアメリカでヒーリングの修行をしていたとき、
マスターの女性が

「もし、【あなたは世界を救うために生まれた】とか、【あなたは人類を救う】というメッセージが聞こえてきたとしたら、それは 光の存在ではなく、おそらくエゴでしょう」

という風に言いました。
実際、私には 毎日のようにそれが聞こえてきていたので (笑)
なんだか、マズイな… と思っていたことがあります。


しかし、今の私にとって 聞こえてくる内容が 光の存在のものなのか、あるいはエゴからなのか…。特に自分に向けて発信されるメッセージの時には、それらがどうでもよくなりました。
そんな風に感じているうちに、「エゴ」という存在への認識にも変化が出てきました。


エゴは、地球には必ず存在します。
エゴなしに生きることは不可能です。
肉体をもって生きようとするなら、エゴは必要です。
引き剥がすことはできません。


エゴを邪魔もの扱いしながら生きようとすると苦しくなります。
何かを前に進めようとするときに、エゴが邪魔をする・・・ 普通のことです。
そういった 感覚を持ちながら生きるというのが この世というものです。

多くのスピリチュアルパーソンは、まずは そのエゴを黙らせようとします。
或いは、エゴの声に耳を傾けずに生きようとします。
プロセスとしては、それで正しいのかもしれませんが、
エゴというものは 無視されればされるほど、どんどん その声を大きくしていきます。
そして、無視されたエゴと あなた以外の存在たちが結びつき、恐ろしい出来事を引き起こしたりします。


エゴはあなたの敵ではありません。
エゴは、あなたの中にある 最も弱くて可愛らしい存在です。
エゴは、あなたに守られなければならない。
エゴの声を聞き、エゴが欲することを満たしてあげることで、あなたも 満ちるのです。
エゴの欲求を満たしてあげてください。
エゴの声は 悪と決めつけないでください。

エゴを大切にする愛を持つこと。
それができるようになると 地球における人生は、驚くほどに開かれた 素敵な場所に変化するはずです。







******

◆無料メルマガ配信中(新月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報
http://eepurl.com/S6zcv

◆高次の魂を持つ方々向けの 会員制グループ:
https://synapse.am/contents/monthly/highesttruth

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html


【サイキックとして生きる】 の過去記事です

高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅢ)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅣ)
占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない
スピリチュアルな世界は私たちを救うか?




2016年9月2日金曜日

2016年 9月の占星術


★この内容は Dorene Carrel の Astrology Report for September を和訳したものです(日付はUSの時間です)★



9月はとても活発な月です。
おとめ座における日食があり、魚座で月食があります。水星と冥王星の動きがあり、新月が2回ありますね(日本時間では 10月1日になるので 2回ではありませんが…)。また、木星がおとめ座から天秤座に移動します。関係性の中から得られる学びや成長が今月の強いテーマです…。水星が21日までおとめ座で逆行していますから 振り返りと修正に時間をかける余裕をくれています。誤解を生まないように明確なコミュニケーションができるよう心がけましょう。22日には秋分の日が訪れます。新しいことを始めるエネルギーを高めてくれるでしょう。


・・・

9月1日には新月がおとめ座で訪れます。
この新月は日食を伴っており、ノースノードとアライン、また海王星と向かい合っており、火星&土星とスクエア、おまけに冥王星とトラインを組んでいます。今回の月の配置は全て火星とスクエア配置なので、個人としては勇気を試されるような、ドラマチックな展開が起こりやすいでしょう。意識が散漫にならないように注意してください。
日食とノースノードは 成長を促す機会を提供してくれます。同時に、土星や海王星がもたらす 否定的な気持ち、罪悪感や 他責、被害者意識から マインドを逸らし、もともとおとめ座が持つ 高いレベルでの浄化や正しい視点で物事を視る感覚を高めてくれるはずです。より現時点的なレベルでは、古いものや使い物にならなくなったものを手放したり・・・などが効果的です。
サビアン占星術によると、今回の配置は 「影を超えて向こう側を見ている2つの頭」とあります。二元論を超えて真実を理解するという深い領域へのアクセスを示唆しているのかもしれません。

9月9日、木星が天秤座に入り、3か月間とどまります。木星は、自分が位置する星座がもたらす影響の光の部分と影の部分を極端に増幅する傾向があります…。テーマは関係性、平等、バランスをもたらす交渉や協調にありますが、影の側面である優柔不断さや競争意識が出てくるでしょう。

9月10日には土星と海王星の正式なスクエアが起こります。日食の影響はまだ続いていますからこのスクエアの効果がますます高まります。幻想と感情の世界に飲みこまれて苦しくなるかもしれません。しかし、より高い志に意識をむけ、不安や恐れから遠ざかってみると、如何に長い道のりを歩いてこれたのか… それを振り返ることができるでしょう。


9月16日に魚座で満月が訪れ、月食を伴っています(日本時間では 17日 4:07AMです)。
さらにこの月は、キロンとアラインし、水星と向き合い… そして火星とスクエア配置です。
月は 魚座、水のサインの中にありますから私たちの気持ちや感情を高ぶらせるでしょう。キロンは感情面で癒しの機会をもたらし、水星は意義深いコンセプトやアイディアにたどり着くことを助けます。自分の感覚がより繊細になっていることに気づくかもしれません。同時に、他人の境界線を意識し、自分の気持ちや考えを尊重することを学ぶでしょう。
この時期は、直感力が高まるため、自分の内にある声に意識を向けてガイダンスを得ることができます。サビアン占星術によると、今回の配置は 「仕事を達成し、使命を全うしたことを社会が承認する」、「魂が人生に影響を与え始め、必要な浄化が起こる」とあります。今月 やってきた 2つの食(日食と月食)の影響があるのでしょう。


9月21日、水星がおとめ座で順行に入ります。
この後 22日に秋分の日が訪れ、25日には太陽と木星が天秤座で同じ位置に入ります。この1月くらいで物事の計画を立てていた人は、その計画を実行に向けて現実の世界へと動くことができるでしょう。人生を より広い視野で視ることができ、同時に前向きな気分になってくるはずです。
26日にはやぎ座で冥王星が順行をはじめ、力強い変容や変革の兆しがあります。27日には火星がやぎ座に入り、より体系だてて、準備を整えた状態で… かつ尊厳をもって物事を前に進めることが可能となります。

9月30日には天秤座で新月が訪れます。(日本時間では 10月1日 9:11am です)
今回の月は、木星、海王星、火星、冥王星、土星とアラインしています。天秤座は パートナーシップを司り、今回のテーマは バランス、均衡、公正性の追求、外交です。海王星は 幻想や欺瞞な領域から出て真実をみること、高い次元のアイディアにアクセスすることを助けます。また、木星は物事を幅広い視点から観察し、火星と冥王星は 古い偏見や思い込みからマインドを解放することをサポート…、土星は地に足をつけ 道を踏み外さないように支援してくれます。
サビアン占星術によると、今回の配置は 「美術館の壁に揃う 3人の古いマスターたちの肖像: 混乱した現代においては 源に戻ることが奨励される」 とあります。瞑想をしたり、日記を書いたり、ヨガをするなどして スピリチュアルな感覚を研ぎ澄ましましょう。自分自身の変化を前進させることができるかもしれません。


(終)




*************

◆無料メルマガ配信中(満月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆高次の魂を持つ方々向けの 会員制グループ:
https://synapse.am/contents/monthly/highesttruth

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html